忘れじのOB選手
INDEX
掲示板
サイトメニュー
がんばれ!横浜高校野球部


野球部OBの中で印象に残っている選手を書いてみました



OB選手トップ
 1973年(昭和48年)卒








長崎 誠
(ながさき・まこと)
甲子園出場 球歴
73年春 リッカー〜
初戦の小倉商戦で延長13回、大会史上初のサヨナラ満塁本塁打を放った4番打者。卒業後は社会人のリッカーで活躍後、プロゴルファーに転身。現在はレッスンプロをされている。長男は監督と同じ元(はじめ)と命名。元選手は、平塚学園のエースとして活躍。2000年に広島に入団し、父が果たせなかったプロ野球選手になる夢を実現した。





 1974年(昭和49年)卒






上野 黄士
(うえの・たかし)
甲子園出場 球歴
73年春・74年春 東芝〜ヤマハ〜
73年初優勝メンバーの一人。1番遊撃手。卒業時にはヤクルトにドラフト4位指名された。プロには入団せず、社会人の東芝、ヤマハで活躍。その後は横浜高校のコーチ、監督(1988年〜90年)平塚学園(神奈川)の監督で2度甲子園出場(89年)(98年)現在は富士学苑(山梨)の監督。





 1980年(昭和55年)卒







川戸 浩
(かわど・ひろし)
甲子園出場 球歴
80年夏 日産自動車〜
1980年の全国制覇時の優勝投手。エースは愛甲投手でしたが、決勝の早稲田実戦では、連投の疲れから不調のエース降板後、6回から好救援投球した。初優勝が決まった時にマウンドいたのは川戸投手でした。優勝の歓喜のシーンは、後にパネルを買って今でも部屋に飾ってます。他校なら間違いなくエースになる力を持ちながら、二番手投手として、チームのためにバッティングピッチャーで、投球術を鍛えていった努力家の選手が、最後の大舞台で花を咲かせました。これは「立ち上がれ振り向くな」(渡辺監督著)を読みました。川戸投手は横浜高校にいい伝統を作ってくれた選手の一人です。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1980年 1980年(春) 1980年
1981年(夏) 1981年 1980年(秋)



















足立 勝
(あだち・まさる)
甲子園出場 球歴
78年夏・80年夏 ヤマハ発動機〜
静岡県出身。1980年、全国制覇時の優勝メンバー。1年生からベンチ入り。2年秋から左翼手のレギュラー。左右に打ち分けるシェアなバッティングは安西選手との1、2番コンビで活躍。3年夏県大会では打率4割を超える。甲子園では苦戦した箕島戦で1試合3犠打を決めるなど、甲子園大会で7犠打を記録した理想的な2番打者。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1980年 1980年(春) 1980年
1981年(夏) 1981年 1980年(秋)




















宍倉 一昭
(ししくら・かずあき)
甲子園出場 球歴
80年夏 関東学院大学〜
1980年、全国制覇時の優勝メンバー。2年生からベンチ入り。外野手兼一塁手でしたが、3年夏の甲子園出場時は一塁手。準決勝の天理戦、雨天コールド寸前の終盤に逆転打を放つなど、打順は下位ながらパンチ力ある勝負強い打撃で、チームのピンチを救った一打は忘れられません。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1979年 1980年(春) 1980年
1980年



















 1981年(昭和56年)卒









吉岡 浩幸
(よしおか・ひろゆき)
甲子園出場 球歴
80年夏・81年夏 明治大学〜
1980年、全国制覇時の優勝メンバー。2年生ながら6番三塁手。県大会では3ホーマーと当時、原(東海大相模)の持っていた県大会タイ記録に並んだ。甲子園では、初戦の高松商戦では4打数4安打と大当たり。いかにも腕っぷしが強く、パワフルな打撃が魅力の右のスラッガーでした。塁上での泥だらけのユニフォームにガッツポーズは安西選手と共に印象的。3年夏は、4番打者として、2年連続甲子園に出場。当時の選手は野武士的な選手が多かったですが、その中でも代表的な選手の一人です。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1980年 1980年(春) 1980年
1981年(夏) 1981年 1980年(秋)



















長尾 和彦
(ながお・かずひこ)
甲子園出場 球歴
81年夏 日産自動車〜
全国優勝した翌年のエース。3年夏の甲子園出場。横手投げからの安定感抜群の投球は2年連続甲子園出場の原動力でした。甲子園では1回戦徳島商戦、延長13回147球を投げ切り勝利した。しかし、2回戦、報徳学園・金村(元近鉄)に2本塁打を浴びて4失点したが、この試合が県大会を通じて最多の失点だった。横浜高校では珍しい横手投げのエースでした。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1980年 1980年(春) 1980年
1981年(夏) 1981年 1980年(秋)

















 1982年(昭和57年)卒









山本 貴
(やまもと・たかし)
甲子園出場 球歴
81年夏 法政大学〜日本IBM野洲
小柄ながら三拍子揃った外野手。1年秋から不動の1番中堅手。2年夏の甲子園出場。1回戦の徳島商戦では、サヨナラ負けのピンチを救った本塁への捕殺送球は見事な強肩でした。左打者では歴代に残るトップバッターの一人。3年夏は県大会ベスト4。卒業後は法大に進学、1年春季リーグから1番中堅手でレギュラー。甲子園球児が、多くレベルの高い法大で4年間レギュラーで活躍。ベストナイン1回、日米大学野球には2回選出された。大学野球選手権ではサヨナラ本塁打を放つなど、東京六大学を代表する外野手として活躍。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1981年(夏) 1980年 1980年(秋)
1981年
1982年

























藤田 健二
(ふじた・けんじ)
甲子園出場 球歴
80年夏・81年夏 日産自動車〜
入学当時から剛腕と騒がれていた投手。全国制覇した80年には1年生ながらベンチ入り。2年夏の甲子園ではエース長尾投手の二番手。2年秋からはエース。3年夏は県大会ベスト4。結局、一度も甲子園では登板できなかった。制球に不安はあったが、ストレートの球威は抜群の右本格派でした。プロでの活躍を期待したのですが、故障もあり、結局プロ入りしませんでした。もう一度剛碗ぶりを見たかった選手です。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1980年(夏) 1980年 1980年(秋)
1981年(夏) 1981年
1982年














 1983年(昭和58年)卒








高橋 康幸 甲子園出場 球歴
81年夏 日体大〜
80年全国優勝の女房役片平(元横浜大洋)捕手の後輩。1年夏から甲子園大会のベンチ入り。秋からはレギュラー捕手。ガッチリした体格のパンチ力ある打撃で3番に座った。2年夏はエース藤田投手とのバッテリーで県大会ベスト4。2年秋は主将。秋季関東大会ベスト4も、翌春のセンバツ選考では補欠校に終わった。3年夏はケガで6番に下がったが、本塁打を放つ活躍を見せたが、決勝のY校の三浦(元中日)に敗れて準優勝。甲子園でのプレーが見たかった選手でした。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1981年(夏) 1981年 1982年(秋) 1983年(春)
1982年
1983年



















 1985年(昭和60年)卒








星野 卓司
(ほしの・たくじ)
甲子園出場 球歴
85年春 京王百貨店〜
右投げ左打ちの外野手。2年生からベンチ入り。エース相川を擁して3年春センバツ出場時の主将。甲子園では8番右翼手でしたが、春県大会では3番を任され、手薄だった捕手も兼任。夏県大会では4番捕手に座った。県大会では、29打数13安打の打率.448の高打率。左右に鋭くミートする広角打法で打ちまくった。しかし、決勝で敗れて準優勝に終わった。夏へ向けて大きく成長した選手でした。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1985年(春) 1984年 1984年(秋) 1985年(春)
1985年

















本田 智久
(ほんだ・ともひさ)
甲子園出場 球歴
85年春 法大〜住友金属鹿島
2年生からレギュラー。俊足好打の左打ちの外野手。3年春センバツ出場。2番中堅手で甲子園では1安打のみ2回戦敗退。夏の県大会では打率.444をマークして、1番島崎武とのコンビで県大会準優勝。卒業後の法大では下級生時代からレギュラー。日米大学野球にも選ばれた。社会人の住友金属鹿島時代は補強選手として、都市対抗野球でも活躍した。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1985年(春) 1984年 1984年(秋) 1985年(春)
1985年











 1986年(昭和61年)卒







島崎 武
(しまざき・たけし)
甲子園出場 球歴
85年春
1年春からベンチ入り。夏には安西選手以来の1年生トップバッターで遊撃手。秋からは不動の1番二塁手。2年春センバツ出場。小柄ながら思い切りの良い、長打も打てる1番打者でした。2歳年上の兄とスタメンに座ったこともある。二塁手では安西(元巨人)と共に歴代OBを代表する選手の一人。3年夏は、31打数10安打7打点。県大会では驚異のトップバッターも決勝で敗れて甲子園出場ならなかった。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1985年(春) 1984年 1984年(秋) 1985年(春)
1985年
1986年























斉藤 一也
(さいとう・かずや)
甲子園出場 球歴
85年春 亜大〜熊谷組〜シダックス
1年生からベンチ入り。右投げ左打ちの投手。1年夏県大会に登板。2年春センバツ出場。エース相川(元大洋)投手の二番手で甲子園のマウンドも踏んだ。夏の県決勝では、故障で登板回避の相川の代役で先発したが、連打を浴びて準優勝に終わる。2年秋はエースだったが、3年春からは捕手に異例のコンバート。夏はエース高井(元阪神)とバッテリーを組んで3番捕手。県大会では5割近いアベレージで6打点。攻守の要も2年連続決勝敗退で夏の甲子園には届かなかった。
 亜大では、外野手で活躍、4年春の大学選手権ではエース小池(元近鉄)と共に投打の主軸として4番中堅手で全国大学選手権優勝、日米大学野球にも代表として選ばれた。社会人では熊谷組−シダックスでプレー。01年限りで引退して05年までコーチとして活躍しました。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1985年(春) 1984年 1984年(秋) 1985年(春)
1985年
1986年


















 1989年(平成元年)卒









恵津 豊
(えづ・ゆたか)
甲子園出場 球歴
89年夏 亜大〜東芝
2年生からエース。右の本格派で大きなカーブが武器。夏は8年間、甲子園から遠ざかっていたが、エース恵津の成長で春関東大会を9年ぶりに制した。3年夏県大会決勝の日大藤沢戦、初回からストライクが入らず制球難で先制点を許し、苦戦したが、サヨナラ勝ちして甲子園出場を決めた。甲子園では予選の激闘の疲れもあり、力を発揮できず初戦敗退。卒業後は、亜細亜大学、東芝でも活躍しました。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年





























鈴木 健一
(すずき・けんいち)
甲子園出場 球歴
89年夏 亜大〜日本石油
2年生からベンチ入り。今でも1989年は全国制覇できるメンバーが揃っていたと思ってます。そのチームの中心だった主将。気迫、野球センスとも抜群で4番を打ってもおかしくない、パワフルな打撃が魅力のトップバッター。当時、鈴木コンビ(鈴木尚典と共に)は神奈川高校野球県内では有名でした。3年春季関東大会では20打数11安打2本塁打と9年ぶり関東制覇の原動力になった。夏は苦戦しながらも9年ぶりの甲子園を決めた。初戦の星稜戦では先頭打者安打を放ち、本塁への送球捕殺など随所に潜在能力の高さを見せた。初戦敗退に終わったが、もっと甲子園で見たかった選手でした。卒業後は、亜細亜大学でも主将を務め、日本石油に進んだ。常時出場はできなかったが、サブマネージャーを2年、チーフマネージャーを3年間務めた。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年






















門間 真
(もんま・まこと) 
甲子園出場 球歴
89年夏 東海大〜三菱重工横浜
1年秋からベンチ入り。181cmの大型選手で強打の右の一塁手。2年生から鈴木尚典(横浜ベイスターズ)とクリーンアップを打つ。3年夏の県大会では1試合2本塁打を記録。甲子園では5番一塁手で2安打を放った。卒業後の東海大では三塁手でベストナインを獲得。社会人野球の三菱重工横浜でもプレー。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年
























小川 光英
(おがわ・みつひで)
甲子園出場 球歴
89年夏 東海大〜
2年生からベンチ入り。大型選手揃いだった1989年のメンバーの中で小柄な172cmの左の好打者。強打のチームの中で、2番右翼手で、打ってもしぶとく、特にバンドが抜群にうまく三塁側、一塁側問わず見事にバンドヒットを決めた。いつもの年とは違う横高野球の強さの原点でした。当時、試合解説していた元横浜商監督の古屋先生が、この年の強さは小川君だと絶賛していました。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年

























原田 哲
(はらだ・さとる)
甲子園出場 球歴
89年夏 明大〜日本石油
入学時は投手。1年夏県大会先発したこともある。1年秋からはレギュラー。2年時は3番投手兼一塁手。秋からは三塁手。原田、鈴木尚(現ベイスターズ)門間のクリーンアップは強力でした。3年夏の県決勝では甲子園出場を決めるサヨナラ打を放つ。安定した打撃で、左打者ながら左中間によく打球が伸びた。甲子園では初戦敗退したが、随一の得点をたたき出したのは左中間を破る二塁打でした。卒業後は、明治大学、日本石油でも主力として活躍しました。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会 国体
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年

リーグ戦成績 試合 打数 安打 本塁打 打点 打率
1年春 出場なし
1年秋 出場なし
2年春 出場なし
2年秋 出場なし
3年春 22 .318
3年秋 12 23 .261
4年春 13 50 13 .260
4年秋 13 50 .180
大学通算成績 試合 打数 安打 本塁打 打点 打率
46 145 35 19 .241
ベストナイン三塁手(4年春)
















 1990年(平成2年)卒










高根沢 国房
(たかねざわ・くにふさ)
甲子園出場 球歴
89年夏 関東学院大〜JR東日本
1年夏から遊撃手でレギュラー。三拍子揃った好選手。2年夏は甲子園出場。秋からは1番遊撃手。3年夏は1年生鈴木章と1、2番コンビで三遊間を組んだ。3年夏県大会は5回戦敗退。関東学院大学では、神奈川大学野球リーグを代表する選手として活躍。3度のベストナイン獲得。JR東日本では4番遊撃手。補強選手としても都市対抗にも出場。2000年には全日本4ヵ国国際大会日本代表にも選ばれた。03年限りで選手引退。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1989年(夏) 1988年 1989年(春)
1989年 1990年(春)
1990年















 1991年(平成3年)卒







田本 宏之
(たもと・ひろゆき)
甲子園出場 球歴
なし 神奈川大短期学部〜住友金属鹿島
2年春からベンチ入り。切れのあるストレートが武器の右の本格派投手。2年春の県決勝では横浜商に完封勝利。エース沼田との2枚看板で春関東大会ベスト4。エースになった2年秋は県大会3回戦敗退。3年春はベスト8。2年生サブマリン部坂(元阪神)との継投で挑んだ夏は決勝で敗れて、甲子園出場できなかった。社会人野球の住友金属鹿島でプレー。コーチも経験した。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1990年 1990年(春)
1991年





















 1992年(平成4年)卒







鈴木 章仁
(すずき・あきひと)
甲子園出場 球歴
92年春 法大〜三菱自動車川崎
鈴木尚典(横浜ベイスターズ)選手の弟。1年春からレギュラー。夏は2番三塁手で兄弟でスタメンに座った。秋からは1番二塁手。2年夏県大会では、サヨナラ本塁打を放つなど兄以上の野球センスと勝負強さはピカイチでした。3年春センバツ出場時は主将。夏県大会決勝・桐蔭学園戦では、中盤に同点三塁打を放ったが、打撃戦の末に敗れて夏の甲子園出場ならず。六大学の法政大学へ進学。2年生からリーグ戦出場。4年時には主将もつとめた。卒業時は、プロ志望だったので、兄弟プロ選手を期待したのですが、指名がなくプロ入りできなかった。今でも絶対にプロでも活躍できるセンスの持ち主だったと思っています。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1992年(春) 1990年 1991年(秋) 1990年(春)
1991年 1992年(春)
1992年

リーグ戦成績 試合 打数 安打 本塁打 打点 打率
1年春 .000
1年秋 出場なし
2年春 .333
2年秋 11 42 12 .286
3年春 12 48 14 .292
3年秋 11 37 11 .297
4年春 11 44 .205
4年秋 10 37 .216
大学通算成績 試合 打数 安打 本塁打 打点 打率
63 215 55 14 .256


























金子 文雄
(かねこ・ふみお)
甲子園出場 球歴
92年春 富士大学〜
2年生からレギュラー。168cmと小柄ながら野球センスある好内野手。3年春センバツ出場。敗れた新野戦の最終回二死から安打で出塁して相手の守りのスキをついて二塁を奪うなど最後まで横高野球を見せた。夏県大会では、1年の紀田(元横浜)にレギュラー番号を奪われましたが、同選手が故障離脱後は、2番三塁手で打率.444の3打点。鈴木章仁選手との1、2番コンビが92年夏は不動のオーダーでした。こういう選手が毎年いると強いと思っています。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1992年(春) 1991年 1991年(秋) 1992年(春)
1992年























大村 明伸
(おおむら・あきのぶ)
甲子園出場 球歴
92年春 亜細亜大学〜
1年秋からベンチ入り。パンチ力ある右打ちの外野手。2年春には主軸を任され、夏には4番も打った。3年春センバツ出場。夏の県大会では本塁打を放つ。意外性のあるバッティングも見せた好打の選手でした。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1992年(春) 1991年 1991年(秋) 1992年(春)
1992年


















奈良 貴哉
(なら・たかや)
甲子園出場 球歴
92年春 法大〜川鉄千葉〜京浜倶楽部
2年生からベンチ入り。荒削りながら力のあるストレートが武器の右本格派投手。夏の県大会では完投勝利を飾った。2年秋からはアンダーハンド部坂(元阪神)と二枚看板で県大会を制した。3年春センバツ出場。甲子園では救援登板。春関東大会では背番号1。夏の県大会決勝では先発したが、桐蔭学園に打ち込まれ夏の甲子園出場ならず。高校・法大学卒業時にはドラフト候補にも挙げられていました。

関連リンク
甲子園大会 県大会 関東大会
1992年(春) 1991年 1991年(秋) 1992年(春)
1992年












戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク










川戸 浩
足立 勝
宍倉 一昭
吉岡 浩幸
長尾 和彦
山本 貴
藤田 健二
高橋 康幸
星野 卓司
本田 智久
島崎 武
斉藤 一也
恵津 豊
鈴木 健一
門間 真
小川 光英
原田 哲
高根沢 国房
田本 宏之
鈴木 章仁
金子 文雄
大村 明伸
奈良 貴哉
若杉 聖一
佐野 大輔
池浦 聡
松枝 久雄
中島 周二
石橋 幸敬
加藤 重之
常盤 良太
柴 武志
松本 勉
小澤 晃弘
松岡 政
浜口 純平
松浦 健介
北村 幸亮
黒木 豪
佐藤 俊司
橋本 達也
横浜vs徳島商
横浜vs横浜商
横浜vs天理
横浜vs徳島商
横浜vs報徳学園
横浜vs横浜商
横浜vs日大藤沢
横浜vs桐蔭学園
横浜vs横浜商大
横浜vs那覇商
横浜vs日大藤沢
横浜vs東海大相模
横浜vs福井商
横浜vs横浜商
横浜vs鹿児島実
横浜vsPL学園
横浜vs横浜隼人
横浜vs桐光学園
横浜vs常総学院
横浜vs桐蔭学園
横浜vs駒大苫小牧
横浜vs桐光学園
横浜vs八重山商工
横浜vs清峰
横浜vs大阪桐蔭
横浜vs東海大相模
横浜vs北大津
横浜vs浦和学院






戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク






川戸 浩
足立 勝
宍倉 一昭
吉岡 浩幸
長尾 和彦
山本 貴
藤田 健二
高橋 康幸
星野 卓司
本田 智久
島崎 武
斉藤 一也
恵津 豊
鈴木 健一
門間 真
小川 光英
原田 哲
高根沢 国房
田本 宏之
鈴木 章仁
金子 文雄
大村 明伸
奈良 貴哉
若杉 聖一
佐野 大輔
池浦 聡
松枝 久雄
中島 周二
石橋 幸敬
加藤 重之
常盤 良太
柴 武志
松本 勉
小澤 晃弘
松岡 政
浜口 純平
松浦 健介
北村 幸亮
黒木 豪
佐藤 俊司
橋本 達也
横浜vs徳島商
横浜vs横浜商
横浜vs天理
横浜vs徳島商
横浜vs報徳学園
横浜vs横浜商
横浜vs日大藤沢
横浜vs桐蔭学園
横浜vs横浜商大
横浜vs那覇商
横浜vs日大藤沢
横浜vs東海大相模
横浜vs福井商
横浜vs横浜商
横浜vs鹿児島実
横浜vsPL学園
横浜vs横浜隼人
横浜vs桐光学園
横浜vs常総学院
横浜vs桐蔭学園
横浜vs駒大苫小牧
横浜vs桐光学園
横浜vs八重山商工
横浜vs清峰
横浜vs大阪桐蔭
横浜vs東海大相模
横浜vs北大津
横浜vs浦和学院






戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク






川戸 浩
足立 勝
宍倉 一昭
吉岡 浩幸
長尾 和彦
山本 貴
藤田 健二
高橋 康幸
星野 卓司
本田 智久
島崎 武
斉藤 一也
恵津 豊
鈴木 健一
門間 真
小川 光英
原田 哲
高根沢 国房
田本 宏之
鈴木 章仁
金子 文雄
大村 明伸
奈良 貴哉
若杉 聖一
佐野 大輔
池浦 聡
松枝 久雄
中島 周二
石橋 幸敬
加藤 重之
常盤 良太
柴 武志
松本 勉
小澤 晃弘
松岡 政
浜口 純平
松浦 健介
北村 幸亮
黒木 豪
佐藤 俊司
橋本 達也
横浜vs徳島商
横浜vs横浜商
横浜vs天理
横浜vs徳島商
横浜vs報徳学園
横浜vs横浜商
横浜vs日大藤沢
横浜vs桐蔭学園
横浜vs横浜商大
横浜vs那覇商
横浜vs日大藤沢
横浜vs東海大相模
横浜vs福井商
横浜vs横浜商
横浜vs鹿児島実
横浜vsPL学園
横浜vs横浜隼人
横浜vs桐光学園
横浜vs常総学院
横浜vs桐蔭学園
横浜vs駒大苫小牧
横浜vs桐光学園
横浜vs八重山商工
横浜vs清峰
横浜vs大阪桐蔭
横浜vs東海大相模
横浜vs北大津
横浜vs浦和学院







戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク






川戸 浩
足立 勝
宍倉 一昭
吉岡 浩幸
長尾 和彦
山本 貴
藤田 健二
高橋 康幸
星野 卓司
本田 智久
島崎 武
斉藤 一也
恵津 豊
鈴木 健一
門間 真
小川 光英
原田 哲
高根沢 国房
田本 宏之
鈴木 章仁
金子 文雄
大村 明伸
奈良 貴哉
若杉 聖一
佐野 大輔
池浦 聡
松枝 久雄
中島 周二
石橋 幸敬
加藤 重之
常盤 良太
柴 武志
松本 勉
小澤 晃弘
松岡 政
浜口 純平
松浦 健介
北村 幸亮
黒木 豪
佐藤 俊司
橋本 達也
横浜vs徳島商
横浜vs横浜商
横浜vs天理
横浜vs徳島商
横浜vs報徳学園
横浜vs横浜商
横浜vs日大藤沢
横浜vs桐蔭学園
横浜vs横浜商大
横浜vs那覇商
横浜vs日大藤沢
横浜vs東海大相模
横浜vs福井商
横浜vs横浜商
横浜vs鹿児島実
横浜vsPL学園
横浜vs横浜隼人
横浜vs桐光学園
横浜vs常総学院
横浜vs桐蔭学園
横浜vs駒大苫小牧
横浜vs桐光学園
横浜vs八重山商工
横浜vs清峰
横浜vs大阪桐蔭
横浜vs東海大相模
横浜vs北大津
横浜vs浦和学院




戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク






川戸 浩
足立 勝
宍倉 一昭
吉岡 浩幸
長尾 和彦
山本 貴
藤田 健二
高橋 康幸
星野 卓司
本田 智久
島崎 武
斉藤 一也
恵津 豊
鈴木 健一
門間 真
小川 光英
原田 哲
高根沢 国房
田本 宏之
鈴木 章仁
金子 文雄
大村 明伸
奈良 貴哉
若杉 聖一
佐野 大輔
池浦 聡
松枝 久雄
中島 周二
石橋 幸敬
加藤 重之
常盤 良太
柴 武志
松本 勉
小澤 晃弘
松岡 政
浜口 純平
松浦 健介
北村 幸亮
黒木 豪
佐藤 俊司
橋本 達也
横浜vs徳島商
横浜vs横浜商
横浜vs天理
横浜vs徳島商
横浜vs報徳学園
横浜vs横浜商
横浜vs日大藤沢
横浜vs桐蔭学園
横浜vs横浜商大
横浜vs那覇商
横浜vs日大藤沢
横浜vs東海大相模
横浜vs福井商
横浜vs横浜商
横浜vs鹿児島実
横浜vsPL学園
横浜vs横浜隼人
横浜vs桐光学園
横浜vs常総学院
横浜vs桐蔭学園
横浜vs駒大苫小牧
横浜vs桐光学園
横浜vs八重山商工
横浜vs清峰
横浜vs大阪桐蔭
横浜vs東海大相模
横浜vs北大津
横浜vs浦和学院





戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク










Google