OBニュース 2015年
INDEX
掲示板
サイトメニュー
がんばれ!横浜高校野球部
2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年



横 高 O B ニ ュ ー ス
横浜高校野球部創部70周年記念祝賀会 2.15
OBルーキー3選手、紅白戦でプロデビュー 2.8
卒業生進路 3.1
倉本(横浜DeNA)新人開幕一軍入り 3.25
プロ野球開幕試合から、OBプロ活躍 3.27
成瀬(ヤクルト)移籍初登板初勝利 3.31
プロ9年目福田(中日)代役スタメン起用いきなり本塁打 3.31
涌井(千葉ロッテ)わずか105球で、2年ぶり完投勝利 4.4
福田(中日)プロ入り初の4番 4.18
浅間(日本ハム)高卒ルーキーOB最速のプロ初安打 5.5





浅間(日本ハム)高卒ルーキーOB最速のプロ初安打
高卒ルーキー浅間(日本ハム)が、早くも一軍即スタメンでプロ初安打を記録した。
二軍で開幕から走攻守に活躍。30試合の出場でリーグ3位の打率.323をマーク。42安打はリーグトップで、打点21と結果を出して、早くも5/5に一軍昇格した。3番レギュラー陽の離脱でチャンス到来。プロ2打席目に早くも中堅安打に盗塁、得点も記録した。高卒からプロ入りしたOBの中でも、5月にプロ初安打は最速。今後が大いに楽しみ。
主な高校からプロ入りOB選手の初安打
年度 選手名 所属 守備位置 初安打
1979年(S54) 吉田博之 (南海) 捕手 2年目
1985年(S60) 愛甲 猛 (ロッテ) 一塁手 5年目
1987年(S62) 神山一義 (中日) 外野手 3年目
1989年(H1) 高井 一 (阪神) 外野手 2年目
1993年(H5) 鈴木尚典 (横浜) 外野手 3年目
1997年(H9) 多村 仁 (横浜) 外野手 3年目
1997年(H9) 斉藤宜之 (巨人) 外野手 3年目
2001年(H13) 小池正晃 (横浜) 外野手 3年目
2002年(H14) 幕田賢治 (中日) 外野手 6年目
2007年(H19) 石川雄洋 (横浜) 遊撃手 3年目
2009年(H21) 福田永将 (中日) 内野手 3年目
2010年(H22) 佐藤賢治 (日本ハム) 外野手 4年目
2011年(H23) 高濱卓也 (千葉ロッテ) 遊撃手 4年目
2012年(H24) 近藤 健介 (北海道日本ハム) 捕手 1年目
2014年(H26) 乙坂 智 (横浜DeNA) 外野手 3年目
2015年(H27) 浅間 大基 (北海道日本ハム) 外野手 1年目








福田(中日)プロ入り初の4番
3番森野の開幕3試合目の離脱でチャンスを好調な打撃で結果を出している福田(中日)が、開幕プロ初4番スタメンとなった。先制タイムリーを放つ。不動の4番、エクトル・ルナ内野手(35)が右ひじ痛を訴えてベンチスタート。
4番にはチーム最多4本塁打の福田が4番一塁手でプロ入り初。どこまで打ち続けるか、大きな楽しみです。





涌井(千葉ロッテ)わずか105球で、2年ぶり完投勝利
涌井(千葉ロッテ)が、9回6安打1失点は西武時代の13年4月11日ロッテ戦以来、2年ぶりの完投勝利を挙げた。わずか105球で開幕から2連勝。交流戦までに1勝3敗だった昨年とは違い、復活を思わせるスタートダッシュ。





プロ9年目福田(中日)代役スタメン起用いきなり本塁打
右手親指骨折で離脱した3番の森野一塁手の代役として「5番・一塁」でスタメン出場した福田(中日)が先制弾を含む3安打2打点と活躍し、チームを今季初勝利へと導いた。
 まずは2回、2試合連続の左越え2号ソロを放って先制点をもたらすと、6回には1死一、二塁から貴重な追加点を奪う右前適時打を放って巨人の先発・杉内をKO。8回にも、福田は1死一塁から左翼フェンス直撃の二塁打でチャンスメーク。
 開幕3連敗を喫したチームの初勝利に大きく貢献。プロ入り初の3安打と常時出場へ今シーズンは、これからの活躍が大きく楽しみです。







成瀬(ヤクルト)移籍初登板初勝利
千葉ロッテからFA移籍した成瀬(ヤクルト)がチーム4試合目で移籍初登板で初勝利を挙げた。初回にロッテ時代の1年先輩・西岡に左翼席へ3点本塁打を浴びた。しかし、5回6安打3失点でマウンドを降りると、味方打線が逆転して、白星が転がり込んだ。
 昨年まで5年連続開幕投手を務めたエースが、ここ数年ケガもあり本来の投球ができない自分を奮い立たせるために移籍。まずは新天地で復活を見せてほしい。




プロ野球開幕試合から、OBプロ活躍
2015年プロ野球が開幕。OBプロが開幕シリーズに活躍。まずは横浜DeNAの新キャプテンに抜擢された筒香が、開幕戦に2打席目に右翼席最深部に本塁打。千葉ロッテでは移籍2年目の涌井が開幕投手で6回無失点の初勝利。西武時代の2011年以来の開幕投手。2球団で開幕投手を務めて勝利したのは史上10人目。そして開幕投手で4勝目を挙げたのは稲尾(西鉄)以来4人目の快挙。
 開幕2戦目も筒香(横浜DeNA)が4打席4安打、さらに看板直撃の2試合連続本塁打。球団では99年の先輩OBの鈴木尚典選手以来3人目。3戦目はルーキー倉本が。3試合目で3安打。4年目近藤(日本ハム)も開幕戦からスタメン捕手として出場。
今年もOBの活躍が楽しみです。




倉本(横浜DeNA)ルーキー44年ぶり開幕遊撃手スタメン
2008年にエース土屋、4番筒香で夏甲子園ベスト4、創価大学、日本新薬を経てドラフト3位入団。ルーキー1年目から、オープン戦から堅実な守備を評価されて、いきなり開幕戦から遊撃手スタメンデビュー。2打席目に菅野(巨人)から右翼安打がプロ初安打。チームとしては遊撃手で開幕スタメンは1971年、大洋時代の野口選手以来という快挙。横高OBでは、プロ1年目から開幕スタメン起用されたのは、2003年の西武在籍だった後藤武敏(横浜DeNA)以来。




選手名 進路先
伊藤 将司 国際武道大学
渡辺 佳明 明治大学
松崎 健造 立教大学
川口 凌 法政大学
根本 耕太 拓殖大学
日暮 圭一 関東学院大学
蔵谷 耕平 桐蔭横浜大学
須澤 柊太 中央学院大学






OBルーキー3選手、紅白戦でプロデビュー
日本ハムのドラフト3位・浅間大基外野手、同7位・高浜祐仁内野手が8日、沖縄・名護での1軍キャンプに参加。初戦の紅白戦に出場。浅間は白組の「9番・中堅手」積極的なバッティングで2打0安。高濱は「10番・三塁」で出場して、守りでは三塁ファールフライを落球するも、打席では四球を選び、先輩近藤捕手でしたが、初盗塁を決め、1打0安。まずはプロスタート。
横浜DeNAの倉本寿彦内野手は一軍スタートのキャンプ。紅白戦初戦は4番遊撃手。1打0安でデビュー。これからの実戦が楽しみです。




横浜高校野球部創部70周年記念祝賀会
横浜高校野球部創部70周年記念祝賀会が15日、横浜市内ホテルで行われ、OBや球界関係者など約600人が集まった。渡辺元智監督は1998年以来の春夏連覇を目標に掲げた。まずは不本意に終わった2014年。2年ぶりの夏甲子園出場を目指す。











戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク























Google