OBニュース 2005年
INDEX
掲示板
サイトメニュー
がんばれ!横浜高校野球部
2002年 2003年 2004年 2005年 2006年
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年




横 高 O B ニ ュ ー ス
OB大学選手進路先 12/2
プロ野球ドラフト 松井(JR東日本)ヤクルトから3巡目指名 11/18
松坂(西武)パ・プレーオフ第1S好投も勝ち星ならず 10/8
後藤(西武)イースタン打撃部門3タイトル獲得 10/3
小山(中日)プロ入り初打席初ヒット 10/1
多村(横浜)プロ通算100本塁打 9/17
畠山(日大)3シーズンぶりの復活白星 9/3
第76回都市対抗野球 横高OB選手の活躍 8/22
セ・リーグ二冠王の多村(横浜)交通事故、戦線離脱 6/30
涌井(西武)7度目の正直でプロ初勝利 6/18
円谷(青山学院大)首位打者・ベストナイン獲得 5/26
松坂(西武)甲子園へ凱旋登板も初黒星 5/18
松井(JR東日本)アジア野球選手権日本代表メンバー 5/6
多村(横浜)1試合2本塁打7打点 リーグ本塁打・打点部門トップ 5/4
大学野球春季リーグ横高OB大学選手成績 4/9
高橋光(中日)逆転サヨナラ本塁打 4/2
涌井(西武)初登板でプロの洗礼浴びる 3/29
横高OBプロ開幕一軍選手 3/26
涌井(西武)オープン戦、無失点デビュー 2/27
小山(中日)スタメン2安打デビュー 2/27
四国独立リーグ最終トライアウトにOB選手が合格 1/28
法政大学主将に松浦健介内野手 1/28












OB大学選手進路先
大河原(亜大) 外野手 東芝
松浦(法大) 内野手 JR東日本
畠山(日大) 投手 富士重工
杉浦(青学大) 内野手 TDK千曲川
北村(神奈川大) 外野手 三菱ふそう川崎




























プロ野球ドラフト 松井(JR東日本)ヤクルトから3巡目指名
OBの松井光介(JR東日本)投手が今年度プロ野球ドラフト会議で3巡目で指名された。同投手は1996年春夏連続出場した当時のエース。亜大ではエースとして大学日本一。社会人でも日本代表に選出され、気迫あふれる投球は先発、中継ぎ、抑えどのポジションもこなせる投手。
生年月日:1978年8月24日(27歳)
投打:右投両打
身長・体重:171cm・80kg
横浜高-亜細亜大-JR東日本
























松坂(西武)パ・プレーオフ第1S好投も勝ち星ならず
試合前から凄い熱気だった千葉マリンスタジアム。先発のエース松坂は予想どおりの投手戦の中、千葉マリンの特有の強風を計算に入れながら7回5安打に抑え、犠飛での1点のみでしたが、投球数は142球投げたこともあり、交代。そのご救援投手が打たれて熱投も実らなかった。
 失策から同点に追いつかれ、今シーズンの西武を象徴するような試合。守りの差で破れた西武は第2戦も連敗してプレーオフでの敗退が決まった。
































後藤(西武)イースタン打撃部門3タイトル獲得
シーズン途中からファームに降格していた後藤武敏(西武が打撃部門3タイトルを獲得した。打率.362 58打点 出塁率.464 イースタンリーグの打撃3部門を独占した。来シーズンこそ、一軍定着。レギュラー獲得の足がかりにしてほしい。







































小山(中日)プロ入り初打席初ヒット
ドラフト8位指名ながら、オープン戦から一軍帯同していたルーキー小山(中日)がシーズン終盤に一軍入り。対広島21回戦 大竹投手からプロ初打席に代打で左前安打を決めた。シニア、高校、大学と日本一を経験する勝負強さ発揮。来季への飛躍の足がかりにしてほしい。

































多村(横浜)プロ通算100本塁
巨人19回戦(横浜スタジアム)の8回、酒井から今季28号を放ちプロ通算100本塁打達成。初本塁打は97年中日4回戦で前田投手。今シーズン前半戦は打撃3部門トップでしたが、戦線離脱から本塁打ペースは落ちましたが、チームトップの本塁打数。横高OB選手で100本塁打を記録している愛甲(元中日)108本塁打。鈴木尚(横浜)139本塁打に次いで3人目ですが、右肩故障により1998年から2年間出場なしから才能を開花させた。プロ11年目での達成ペースはOB選手最速。




















畠山(日大)3シーズンぶりの復活白星
入学時から先発、リリーフの大車輪の活躍でいきなり2勝。早くからエースの期待をされていたが、その後は故障に泣いた。2年秋、3年春に6勝をマークしたものの、3年秋からヒジの故障で登板なし。今春は復活したものの2試合のみに終わった。最終シーズンで迎えた秋季リーグ開幕戦。立正大との1回戦に先発した畠山投手は9回2失点の完投勝利。白星は3年春季リーグ以来の大学通算9勝目。完全復活も見えてきた。今後の登板が楽しみです。

















大学野球秋季リーグ開幕。横高OB大学選手成績
横高OB大学選手の成績を更新していきます。
(東都大学、首都大学、東京六大学)
関連ページ
東京六大学野球連盟 http://www.big6.gr.jp/
東都大学野球連盟 http://www.tohto-bbl.com/
首都大学野球連盟 http://www.hino.meisei-u.ac.jp/SBBL/
神奈川大学野球連盟 http://www.jubf.net/list/list12.html
松浦(法大) 円谷(青学大) 田仲(青学大)
日時 日時 日時
明大 中大 中大
9/17   9/3 9/3
9/18   9/4 9/4
早大 駒大 駒大
9/27   9/20 9/20
東大 9/21 9/21
10/8   9/22 9/22
慶大 立正大 立正大
10/15   9/28 9/28
10/16   9/29 9/29
立大 9/30 9/30
10/22 日大 日大
10/13 10/13
10/14 10/14
東洋大 東洋大
10/25 10/25
10/27 10/27
42 14 41 11
打率 .143 打率 .333  1本 打率 .268
杉浦(青学大) 長嶋(立大) 黒木(日体大)
日時 日時 日時
駒大 東大 帝京大
9/22 9/18   9/16
立正大 慶大 9/17
9/28 9/26 9/18
9/29 9/27 筑波大
明大 9/25
10/11 9/26
10/12 9/27
早大 城西大
10/15 10/1
10/16 10/2
法大 獨協大学
10/22 10/15
10/23 10/16
東海大
10/22
10/23
15 45 13 12
打率 .000 打率 .200 打率 .289  2本
畠山(日大)
日時 勝敗 球数 四死 自責
立正大
9/3 107 34
9/7   71/3 142 36
東洋大
9/20 40/3 69 21
9/22 47 10
中大
9/28 91 31
9/29 61/3 82 24
青学大
10/13 52/3 76 23
10/14 0/3
8試合 3勝2敗 防  4.60






第76回都市対抗野球 横高OB選手の活躍
松井 光介(JR東日本)1996年卒業−亜細亜大学
長谷川 真(JR東日本)1994年卒業−関東学園大学
平馬 淳(東芝)1994年卒業−法政大学
8/22(1回戦)大会1日目
NOMO・BC
JR東日本 ×
バッテリー
NOMO 山本、藤江−天満
JR東日本 松井、山本−沢、松田
開幕試合、話題の初出場チームNOMOベースボールクラブ相手にエース松井は8回まで2安打1失点10奪三振の力投で開幕試合を飾った。


8/25(1回戦)大会4日目
東芝
ミキハウス
バッテリー
東芝 磯村、村上−飯田
ミキハウス 天沼、南−谷村
2点を先制された優勝候補・東芝は8回に3番平馬が左翼へ決勝タイムリーでミキハウスを振り切った。



8/27(2回戦)大会6日目
日立製作所
JR東日本
バッテリー
日立製作所 荻野、小出、山口、平井−高倉
JR東日本 松井、斎藤、山本−沢
先発の松井が6回2死からの3失点で逆転を許した。8回1/3を8安打5失点。4、5回の5連続を含む10奪三振の力投も実らなかった。











セ・リーグ二冠王の多村(横浜)交通事故、戦線離脱
打率、本塁打リーグトップの多村(横浜)が29日朝、横浜市内の高速道路で運転中に交通事故。全治2週間だけに回復次第では復帰が8月以降にずれ込む可能性もありそう。開幕からここまで主力としてチームを引っ張る選手だけに、戦線離脱は痛すぎる。プロ野球選手の体は自分一人だけのものではない。チーム、ファンに多大な迷惑をかけるだけに自己管理には注意してもらいたい。多村選手には1日も早い復帰を願うだけです。





















涌井(西武)7度目の正直でプロ初勝利
開幕から先発ローテーション入り。好投をしながらも勝てなかった涌井(西武)が交流戦の最後の日にプロ入り初勝利を飾った。6月18日の対ヤクルト戦(神宮)に先発したこの日も立ち上がりから好調。昨夏、甲子園で活躍した涌井にはデーゲームが似合う。暑い午後2時プレイボールにかかわらず序盤から力投。2回裏に真中に右越え本塁打された以外、ジャストミートを許さなかった。6回を1失点。内容はいつもより悪かったが、勝ち星を手にしたことで、これから一気に勝ち星を増やしてくれそう。今後の登板がますます楽しみです。
涌井(西武)今季登板成績
月日 対戦 スコア 投球回 打者 安打 本塁打 三振 四球 死球 暴投 ボーク 失点 自責点
3/29 日本ハム 7−12 21/3 13
4/5 ロッテ 4−12 14
5/15 巨人 5−10 50/3 23
5/29 広島 2−1 62/3 21
6/5 横浜 1−4 72/3 30
6/12 巨人 3−19 10/3
6/18 ヤクルト 11−1 18



























円谷(青山学院大)首位打者・ベストナイン獲得
円谷英俊(青山学院大3年)が東都大学野球春季リーグで首位打者・ベストナインを受賞した。開幕戦から3番遊撃手として出場試合全試合安打を放つなどコンスタントに活躍。チームの優勝にも大きく貢献。最終戦で初の首位打者も決めた。

















松坂(西武)甲子園へ凱旋登板も初黒星
7年ぶりに甲子園球場に松坂が帰ってきた。プロ入り以来公式戦初の登板となった交流戦の阪神vs西武戦。松坂は高校時代から甲子園15連勝だったが、序盤の2回に桧山(阪神)に一瞬のスキをつかれ本塁打を打たれ、8回完投して3失点奪三振13個の力投も及ばずついに初黒星がついた。甲子園球場では高校時代から打たれたことのない本塁打が最後まで響いた。
松坂(西武)登板成績
対戦 スコア 投球回 打者 安打 本塁打 四球 死球 三振 暴投 ボーク 失点 自責点
タイガース 2−3 35 13


































松井(JR東日本)アジア野球選手権日本代表メンバー選ばれる
ワールドカップ(9月オランダ)アジア予選を兼ねたアジア野球選手権大会(5/19〜)の日本代表メンバーに松井光介(JR東日本)が選ばれた。松井投手は一昨年のワールドカップ昨年のハーレム大会に続く日本代表メンバー入り。
5/21(1次リーグA組)大会3日目
中国
日本 × 10
日本
投手 磯村、高宮、松井
捕手 高根沢
5/22(決勝)最終日
日本 11
台湾
日本
投手 斉藤、高宮、高崎
捕手 高根沢
日本は2大会連続15回目の優勝

日本ワールドカップ出場決定(13大会14回目)9月オランダ開催































多村(横浜)1試合2本塁打7打点リーグ本塁打・打点部門トップ
開幕戦は風邪で出遅れたものの、昨年3割40本塁打をマークした打撃は本物だ。ケガから復帰初戦にサヨナラヒット。徐々に調子を上げ、4月を.3割4分台 5本塁打と不動の5番打者として活躍。5月に入り一段と打撃爆発。4日の対巨人戦ではエース上原から2打席連続本塁打を放つ7打点と大爆発。早くも本塁打部門、清原(巨人)ウッズ(中日)に並ぶ9本塁打。打点は清原を抜いて25打点でリーグトップに躍り出た。今年はどこまで打つか多村に低反発ボールは関係ない。






























大学野球春季リーグ開幕。横高OB大学選手成績 
横高OB大学選手の成績を更新していきます。
(東都大学、首都大学、東京六大学)
関連ページ
東京六大学野球連盟 http://www.big6.gr.jp/
東都大学野球連盟 http://www.tohto-bbl.com/
首都大学野球連盟 http://www.hino.meisei-u.ac.jp/SBBL/
神奈川大学野球連盟 http://www.jubf.net/list/list12.html
松浦(法大) 長嶋(立大) 杉浦(青学大)
日時 日時 日時
東大 明大 駒大
4/16 4/16 5/3 DH
4/17 慶大 5/4 DH
4/18 5/1 東洋大
早大 立大 5/17 DH
4/23 5/22 5/18 DH
4/24
4/25
4/26
立大
5/7
5/8
慶大
5/14
5/15
明大
5/21
5/22
5/23
39 10
打率 .205   1本 打率 .200 打率 .200
円谷(青学大) 田仲(青学大) 黒木(日体大)
日時 日時 日時
日大 日大 帝京大
4/21 4/21 4/9 DH
4/22 4/22 4/10
駒大 駒大 4/27 DH
5/3 5/3 筑波大
5/4 5/4 4/23 DH
東洋大 東洋大 4/24 DH
5/17 5/17 城西大
5/18 5/18 4/30
中大 中大 5/1
5/24 5/24 5/2 DH
5/25 獨協大
5/26 5/7 DH
5/8
東海大
5/21 DH
5/22 DH
5/23 DH
27 12 30 46 10
打率 .444 打率 .167 打率 .217   1本
畠山(日大)
日時 勝敗 球数 四死 自責
東洋大
4/14 61/3 104 24
青学大
4/21 63 21
2試合 0勝1敗 防  0.00

















高橋光(中日)大魔神佐々木(横浜)から逆転サヨナラ本塁打
高橋光(中日)が今季初打席で大仕事やってのけた。開幕戦アレックスのサヨナラ本塁打に続く2試合連続のサヨナラ本塁打は球団史上初。3−4で1点リードされていた最終回、代打・高橋光は佐々木の初球、134kmの直球を左翼スタンドに打ち込んだ。昨シーズン後半戦から代打の切り札に指名された高橋光信。今年も昨年以上の活躍が楽しみです。




























涌井(西武)初登板でプロの洗礼浴びる
オープン戦から好投を続けていた、涌井(西武)がプロ入り初登板初先発で、わずか2回1/3で大量7失点。強烈なプロの洗礼を浴びた。先制点を打たれた後、四球、連続適時打であっという間に3失点。苦し紛れで投げたスライダーで満塁弾のとどめをさされた。苦汁を飲まされた涌井。リベンジの次回登板に期待したい。
ドラフト制後、高卒ルーキーの開幕から4試合目に先発は、先輩松坂(西武)に並ぶ最速記録。松坂は勝利投手だったが、涌井は黒星デビューとなった。






















横高OBプロ開幕一軍選
パ・リーグ
横山(日本ハム) 開幕から不動の守護神。昨年以上の活躍期待
松坂(西武) ケガなくシーズンを送れば大活躍は間違いない
矢野(楽天) 開幕からローテーションに入りそう
阿部(オリックス) 激戦の遊撃手争いを抜け出したい
後藤(西武) ライバルが出遅れただけに序盤チャンス
涌井(西武) 松坂以来の高卒ルーキー開幕からローテーション入り
セ・リーグ
鈴木尚(横浜) ポジション奪取に結果を出していきたい
高橋建(広島) 広島の左のエースとして活躍を期待
多村(横浜) 風邪で緊急入院、開幕戦欠場は痛い
高橋(中日) 右の代打一番手の座を確保していきたい
小池(横浜) 激戦の外野だけに少ないチャンスを生かしたい
















涌井(西武)オープン戦、無失点デビュー
高卒ルーキーながらキャンプ一軍帯同していた涌井(西武)がオープン戦に登板した。4−1と西武リードの8回から登板。最初の打者の2球目にいきなり150kmを計時。しかし、制球が定まらず2塁打を浴び、代打、城島にも死球を許し、1死一、三塁のピンチから涌井の強心臓を発揮。連続三振でピンチを断ち切った。最終回は三者凡退に迎え、素晴らしデビューを飾った。次は中継ぎ、先発と続くステップをクリアすれば、開幕一軍からローテーションも見えてくる。
山(中日)スタメン2安打デビュー
春季キャンプは二軍スタートを志願した小山(中日)がオープン戦から一軍帯同、いきなりのスタメン起用の期待に応えた。打っては2安打、守っても野口、山井、チェンの3投手好リードして、谷繁に続く2番手捕手争いに名乗りを上げた。






















四国独立リーグ最終トライアウトにOB選手が合格
今年4月から始まる四国独立リーグの最終トライアウトに横高OB選手の山本恵介(98年卒)選手が合格しました。高校時代は1年からメンバー入りして、秋季大会では三塁手のレギュラーで活躍。卒業後、玉川大学進学して、今年四国独立リーグ(四国アイランドリーグ)に最終トライアウト合格。これからの活躍が楽しみです。






















法政大学主将に松浦健介内野手
今年度、法政大学野球部主将に松浦健介内野手(2001年卒)。入学時からケガに悩まされてきましたが、昨春リーグ戦デビュー。さらなる神宮での活躍を期待したいです。
近年、法政大学主将は鈴木章、平馬、後藤武に次ぐ。






















戦績
県大会
甲子園
甲子園県別戦績
OB甲子園記録集
創部以来戦績
関東大会
国体
神宮大会
練習試合
学校沿革
校歌/応援歌
長浜
野球部
メンバー
スタメン
OBプロ
OB大学
OB大学記録集
OB社会人
ライバル校
神奈川大会
印象
松坂大輔
書籍
携帯
検定クイズ
リンク























Google